うつ病の種類などを理解しながら治療を受ける

男性
  1. ホーム
  2. 正しい知識で病気と戦う

正しい知識で病気と戦う

ハート

薬は正しく使えば怖くない

誰にでもかかる可能性があり、時間はかかるものの正しく治療を進めれば完治する、それがうつ病です。特別怖い病気というわけではありませんし、絶対に治らないというものでもありません。「自分はかかるはずがない」「気持ちを強くもてばよくなる」といった、誤解や誤った知識を持っている人が多いのもまた真実といえるでしょう。“ココロの風邪”ともいわれるうつ病は、ストレスや疲労などが原因でかかることも多く、心と体に休養が必要な病気です。しかし、心身が元気になればそのまま良くなるというわけではありません。心身の疲れや負担が影響し、脳が正しく機能しなくなることで、様々な症状を表すのがうつ病の仕組みです。つまり、ただ休むだけでなく、脳の機能をもとに戻してやることが治療には必要で、そのために抗うつ剤が必要になってくる、といえます。抗うつ剤は「服用したらすぐにテンションが上がる」、あるいは「ポジティブで明るくなる」といった効果を持つ薬ではありません。先程も説明した脳の機能を補助するための薬剤なので、服用してすぐに効果が出るわけでもなく、うつ病が一瞬で治るという効果を持つわけでもないのです。長く服用してその効果を発揮するため、他の種類の薬剤と併用したり、定期的に飲み続けるようにしたり医師からも指導されるでしょう。ちなみに抗うつ剤を服用した場合、人によっては副作用が現れる可能性もあります。しかし、抗うつ剤にもいくつかの種類があるため、相性の良い薬に変えたり、副作用を別の薬で抑えたりすることも可能です。辛い時は自分で抱え込まず、医師に相談することをお勧めします。病気と縁遠い生活を送ってきた人や、うつ病に対して間違った意識を持っている人の中には「薬を服用するのは恥ずかしい」と感じたり、嫌悪感を示したりする人もいます。しかし、実際の所抗うつ剤を使用したうつ病治療を望んでいる人は多くいて、敬遠すればするほど心身の状態が悪化したり、症状の改善に時間がかかってしまったりすることになりかねません。なぜ抗うつ剤を使って治療したいと望む人が多いのかと言えば、それが最も効率的な方法だからといえるでしょう。うつ病になる原因は人それぞれで、カウンセリングが必要な場合や、休養、睡眠などを十分に取るよう指示される人もいます。原因や治療に望ましい環境や薬の種類は人それぞれ違いますが、うつ症状を発症する仕組みは皆同じです、つまり体の機能を整えるためには服薬が最も良い方法なのです。うつというのは服薬だけでもなおりませんし、休養だけでも治らないものといわれています。双方を合わせて取り入れることで、初めてうつの治療を進められると言い換えられるでしょう。もちろん抗うつ剤に抵抗がある場合や不安を感じるときには、そのことも医師に伝えるべきと言えます。その場合は他の種類の薬を用いての治療が勧められるかもしれません。薬というのは正しく服用すれば体に害を及ぼす事はありません、それどころか体を元に戻す修復機能や、改善するための機能を備えている存在です。医師と相談しながら自分に合った方法、あるいは正しい方法で治療をすすめること、一朝一夕に治療できないからこそ長く付き合っていこうと気構える気持ちも大切なのかもしれません。